ビューティコラム#282 新トレンド!「脳ダイエット」って知ってる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.06.07東京大阪

ビューティコラム

 

「脳ダイエット」をご存知ですか

今、女性たちの間で話題のダイエット方法なんです

今回は、提唱者である精神科医 奥田弘美先生の特別インタビューをお届けします

 

BC282_1.jpg

 

--------- 「脳ダイエット」とはどのようなものなのでしょうか。お教えください

 脳ダイエットは、いくつになっても健康スリム体型の方が無意識にやっている「太らない食べ方」を誰もが実践できるようにルール化したものです

 いわゆる痩せ体質と言われる人はごくわずかであり、健康スリムな人のほとんどは「食べすぎれば太る」普通体質です

 彼らがスリム体型をずっと維持できているのは、人間が本来持っている「スリム維持センサー」に従って食べているために、太らないのです
 実はスリム維持センサーはどんな人でも幼いころは持っていました!

 ですが、大人になるにつれてスリム維持センサーを無視して食べるようになってしまい、じわじわと体重が増えてしまうのです

 健康スリムな人のようにスリム維持センサーを再び活性化させるには、いくつかのコツがあります

 

 第1のコツは、「しっかりと空腹を感じるまで食べないこと」

 スリム体型を維持している人は、「小腹が空いたから」「残すと勿体ないから」「付き合いだから」という理由では食べたりしません

 胃袋が空っぽになって、「すっきりしっかりお腹がすいた」と感じてから食べるのです

 この食べ方は幼いころには誰もがやっていたはずなのですが、太っていく人はどこかで忘れてしまい・・・

 「お腹が完全に空ききっていないのに食べる」。だから「余剰な栄養分が脂肪になって蓄えられていく」のです

 

 第2のコツは、「腹7分目~8分目でごちそうさまをすること」

 スリム体型を維持し続けている人は、太ってしまう人と満腹ラインが違います!

 いわゆる「腹7分目~8分目」と呼ばれる感覚が、通常の満腹ラインです

 つまりお腹パンパンまで食べないだから余剰なカロリーが生まれて脂肪化することもありません

 またお腹パンパンじゃないため食後もスムーズに動けまるために活動量が落ちず、さらに太りにくくなるのです

 脳ダイエットは、こうした「健康スリム体型をキープしている人」の食べ方の秘密を明らかにしたものです

 他にも「食事は緑→赤→黄色の順番で食べる」「食事時間は20分以上30分以内」など具体的な方法を紹介しています

 一度太ってしまった人でも、これらのコツを実践することで、再びスリム維持センサーが活性化されて自然に体重を減らすことができます

 

---------脳ダイエットを継続することには、どのようなメリットがありますか?実践した方の声を教えてください

 脳ダイエットは、本来人間が持っていた太らない食べ方に意識して戻していくだけなので、お金は一切かかりません

 無理な運動も偏った食事制限もしないために自然に安全に痩せることができます

 また、何より嬉しいのは、「一生ものの太らない食べ方」を身に付けることができるので、リバウンドすることもありません

 脳ダイエットでは、「ずっと健康スリム体型をキープしている人の食べ方」を実践できるようになるため、

 リバウンドしないほか代謝が落ちる中年や老人になっても太ることはまずないのです

 

 ダイエットを実践した方からは、

 「リバウンドを気にして食べるのが怖かったが、空腹ラインと満腹ラインをリセットできたので、安心して食事を楽しめるようになった

 「脳ダイエットで太らない食べ方ができるようになった

 「糖質制限ダイエットをはじめていたが、危険だという報道があって不安でした

  脳ダイエットで安全な方法で無理なく痩せられて良かったです」といった感想をいただいています!! 


---------「脳ダイエット」が、ヴィーナスアカデミーに通う学生たちにオススメの理由をお教えください

 ダイエットは幼いころは誰もがやっていた「スリム維持センサーに従った太らない食べ方

 に戻すための脳のトレーニングなので、あらゆる年齢の方にオススメです

 そのなかでもこれから妊娠や出産を控えている女性には、過激なダイエットで健康を害してしまうと取り返しのつかないことになるために特に知っていただきたいと思います

 過激なダイエットを続けると不妊症になってしまったり、妊娠しても未熟児が生まれやすくなったりするのです

 若い時には過激なダイエットで体重を落としても、シワが急激に増えるわけでもなく体力もある程度は維持できます

 ですが、そのツケは確実にたまっていて、貧血になって顔のくすみがひどくなったり、鬱っぽくなったり、過食症や拒食症になって心を病んでしまったり・・・

 中年になったとき人より老けやすくなったりします

 

 脳ダイエットを行うと基本的な栄養バランスの取り方を身に付けられるために、はつらつとしたヘルシーな美しさをキープすることができます

 また空腹ラインと満腹ラインが正しくリセットされるために、

 「食べたら太るかも」という精神的なストレスもなく食事を楽しめるようになります

 脳ダイエットのコツをマスターして、何歳になってもヘルシーでスリムな体型を維持できる知恵とスキルを手に入れてくださいね

 

【取材協力】

精神科医 奥田 弘美先生

『思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず! 精神科医の脳ダイエット』(主婦の友社)

BC282_2.jpg

『何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから』(扶桑社)

BC282_3.png

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加