導入授業「ネイル」をレポート!人気の「マグネットネイル」&「フラッシュネイル」のアートを実践!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022.04.26東京

スタッフブログ

4月に入学したばかりの新入生も、少しずつヴィーナスアカデミーでの生活に慣れてきた様子。今回は、「導入授業」をレポートします。

_DSC3593.jpg

導入授業とは、本格的な授業の前に、ヴィーナスアカデミーの授業スタイルに慣れ、これから学ぶ専門分野への意欲や興味を喚起するプログラム!

_DSC3572.jpg

ネイルを教えてくださるのは、プライベートネイルサロン「Blance」代表ネイリスト中西順子講師。JNA本部認定講師、アクセンツジェルのエデュケーターとしてもご活躍されています!

<セッティング>

_DSC3603.jpg

まずは、テーブルに道具をセッティングしていきます。

1.キッチンペーパーは2パーツで1枚とし、テーブルに広げます。

2.利き手側にビニールのゴミ袋をセットします。

_DSC3591.jpg

キッチンペーパーの上には、利き手側に、ネイルプッシャー、ネイルチップ装着ジェルを置きます。左側には、LEDライト、中央に、ネイルチップスタンドを置きます。

ネイルチップスタンドとは、ネイルチップを固定しておく台のこと。

中西講師「通常は、お客さまの爪に施術を行いますが、今日は練習なのでネイルチップにアートをしていきます」

_DSC3634.jpg

_DSC3613.jpg

今回は導入授業なので、あくまでも導入授業用の簡略化したセッティングです!

_DSC3627.jpg

_DSC3622.jpg

スポンジを組み立てて、ネイルチップスタンドを作ります。

_DSC3642.jpg

<マグネットネイルにトライ!>

マグネットネイルとは、鉄粉が入ったポリッシュやジェルを使ったネイルのこと。乾く前に磁石を当てて模様を作ります。ラメとはひと味違ったアンニュイな輝きが魅力。

「マグネットネイルでは、マグネットジェル、マグネットスティック、ノンワイプトップジェルを使います」と中西講師。

_DSC3645.jpg

まず、講師のデモンストレーションを見てから、実習に移ります。

プロフェッショナルの技術を間近で見られるので、初めての技術でも再現しやすいですね。

1.チップスタンドにチップを装着します。

2.マグネットジェルをチップに塗ります。

中西講師「先端まで、筆を引き切るのがポイントです。二回塗ってもいいですが、途中で筆をあげたり、

何度も触ると筆跡が残ったりしてキレイに見えないので気をつけてください」と、筆を「引き切る」ことが大切だと教えます。

3.マグネットスティックでマグネットを動かし、好きな柄を作ります。

「例えば、中央にマグネットスティックをあてると、マグネットが移動して丸い模様ができますよ」と、実践。

4.LEDライトに入れて、30秒硬化します。

5.ノンワイプトップジェルを全体に塗ります。

6.再びLEDライトで30秒硬化してできあがり!

_DSC3667.jpg

_DSC3665.jpg

また、フラッシュを使う時にピカッと光るのが特徴の「フラッシュネイル」も練習し、トレンドネイルのエッセンスを学ぶことができました!

_DSC3615.jpg

_DSC3672.jpg

他にも、1年生は川上講師によるメイクの導入授業を受けました。課題は「アイメイク」。派手であればあるほどよし!

押し花や、ビーズ、グリッターなどを普段のメイクには使わないような素材を使い、カラフルなメイクに挑戦しました。

ポイントは、教材である「カラーパレット」を駆使すること。カラーパレットの中にはファンデーションとして使えるカラーもあることなどを教えていただきました!

ブラシは、毛が硬ければしっかり色が出る。毛が柔らかいほど、薄く色がつく。

アイメイクはファンデーションなどの油分が残っていると崩れやすい。余分な油分を取り、クリーム状アイカラーをのせた後は、仕上げにパウダーを重ねると崩れにくい

といったポイントも。川上講師のモデルとしてアイメイクを施術してもらった関根さんは「普段はつけないような大量のラメを目元に付けてもらいました。

実際に着けてもらうと、意外と重たいことが分かりました。手際が良く、あっという間にメイクが出来上がったことにも驚きました」と話していましたよ。

本格授業が始まる前に、実習の流れをつかむことができたはず!

これから始まるスクール生活への、期待感が高まる時間となりましたね!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

福岡校

このエントリーをはてなブックマークに追加